亡くなった人名義の預金は、名義人の死亡時点より法的には「遺産」になります。そして、名義人が亡くなった事を知った時点で、銀行は口座を凍結し、お金を引き出せないようにします。このシステムは、相続人が別の相続人の同意を得ずにすべての預金を引き出してしまうことを防止する為であり、遺産保全を目的とした金融機関の措置です。その為、凍結状態は遺産分割が確定するまで続きます。

しかし、人が亡くなった時は葬儀等お金が必要となります。遺産分割が決定するまでの期間はケースバイケースの為、急遽一家の大黒柱が亡くなった場合だと生活費も引き出せず生活に支障をきたしてしまう可能性もあるでしょう。このように切迫した状況の場合には、遺族の代表者が必要書類を用意の上、金融機関に申し出ると、通常150万を限度に引き出すことができます。

また、役所に死亡届を提出しても金融機関と連携しているわけではない為、金融機関に届出をせずに本人死亡後も利用している遺族の方も中にはいるようです。経験したことがある方であればご存じかと思いますが、相続は非常に面倒です。万が一に備えて、家族間の話合いの機会を設けることで不測の事態に冷静に対応できるかもしれません。