訴訟の代理もします

| 未分類 |

普段の生活でトラブルに巻き込まれたときは、信頼できる第三者の助けを借りたいものです。当事者同士の話し合いで解決できずに、裁判にまでなればなおさらです。訴訟の専門家といえば、真っ先に弁護士があげられます。素人には難しい法律に精通したプロフェッショナルです。他にも裁判の内容によっては依頼できる国家資格取得者がいます。

司法書士もその1人です。司法書士といえば、土地を買ったり、家を建てたりしたときに、法務局に登記をしてくれる専門家です。裁判とは関係ないようにも思えますが、法務大臣から認定を受けた司法書士に限り、簡易裁判所での民事事件の代理を務める事が出来ます。簡易裁判所での民事事件で多いのは、金銭トラブルです。お金の貸し借りなどでもめたときには、弁護士に依頼しなくとも、司法書士に助けてもらう事が出来るわけです。

司法書士もれっきとした国家資格ですし、法律の専門家ですので、弁護士に比べて劣っているわけではありませんが、一つだけ注意が必要なのは、簡易裁判所で争う訴訟の金額が140万円までと制限されていることです。最初は金額が低いと思っても、途中で140万円を超えた段階で、司法書士は手が出せなくなりますので、注意が必要です。